ガラス製のウェルカムボード

結婚式式場の受付前や、店舗の入口などにウェルカムボードが飾られます。最近では種類が増えており、刺繍で作られたものやアクリルボックスに人形が入ったもの、そしてLEDでライトアップしたものなどがあります。しかし、やはり一般的なものはガラス板もしくは鏡板にサンドブラストやレーザーといった技法で文字の彫り込みがしてあるものです。
多くのウェルカムボード製作会社では、一点ものとして注文ができますので結婚式であれば新郎新婦の名前を入れることができたり、店頭では店舗名を入れたものなどが作れたりします。注文するにはウェブサイトなどから問い合わせをして、彫り込む文字やデザインなどを決めていきます。サンドブラストではガラスの表面にフィルムやゴムシートを貼り付けて、彫る部分とそうでない部分を仕分けていくのですが、彫る深さを変えていくことで立体感を生み出していくことも可能です。料金については製作会社によって異なりますがガラス板や鏡板のサイズによって変わってくることが多いです。
《NK craft》ペーパークイリング作家が作るウェルカムボード、サンクスボード、ペーパーアイテム

個性を出したウェルカムボード

ゲストをお出迎えするウェルカムボード。
新郎新婦の個性が出たものを用意したいですよね。

ウェルカムボードには決まった形のものはなく、大きさ、形、素材を気にすることなく自由に作ることができます。
記念になるものだから、木材やガラスで作って、結婚式後に新居に飾っても素敵ですよね。
女性に人気なのが、ブリザードフラワーを使ったもの。
上品で華やかな雰囲気になります。
バルーンでかわいく仕上げる、という方法もできますよ。
好みに合わせてオーダーして下さいね。

人気なデザインは、新郎新婦の似顔絵を描いたもの。
ゲストの目に留まりやすく、話題になること間違いなしです。

コストを抑えたい2人なら、手作りするのもおすすめです。
2人で撮った写真を貼ったり、新郎新婦が手書きでゲストへのメッセージを書いたりして、オリジナリティを出しましょう。
新郎新婦の特技を活かして作るのも素敵ですよ。
パン職人の新郎が作ったパンのウェルカムボード、新婦が作った刺繍のウェルカムボードなど、サプライズ感があって良いですね。